男性ホルモンについて|AGAの治療方法を把握してAGAを確実に治療していこう

AGAの発症には男性にとって不可欠なホルモンが関係しています

ホルモンが原因?

男性型脱毛症のAGA。このAGAの発症にはテストステロンとジヒドロテストステロンというホルモンやこれらのホルモンの働きが大きく影響していると言われています。AGAの原因となるこれらのホルモンについて学んでいきましょう。

男性ホルモンについて

男女

男性らしい体を作るテストテロン

男性らしい体を作るために欠かすことのできないホルモン、「テストステロン」。骨を太くして丈夫にしてくれたり筋肉を大きくしてくれるといった働きをしてくれます。また、体だけでなく心の健康にも欠かすことのできないホルモンだと言われていて、テストステロンが減少することで不眠症やうつを発症すると言われています。さらに毛髪の状態を健康的な状態に保つ働きもある、非常に重要なホルモンです。

厄介なジヒドロテストステロン

男性には欠かすことのできないテストステロンですが、5αリダクターゼという酵素が働きかけることにより、必要不可欠なホルモンから厄介なホルモンへと変化します。それがジヒドロテストステロンです。このジヒドロテストステロンは毛髪が健康な状態を保つためのサイクルを阻害してしまう作用があり、ジヒドロテストステロンが増えると男性型脱毛症であるAGAを発症するのではないかと考えられています。

ジヒドロテストテロンを抑えるのがカギ

毛髪には成長期、退行期、休止期というヘアサイクルがあります。AGAはジヒドロテストステロンの働きによってこのヘアサイクルが乱れてしまうことで発症すると考えられています。つまり、神戸でのAGAの治療はこのジヒドロテストステロンの働きをいかにして抑えるかが重要になってくるのです。

広告募集中